米商務省は28日、2018年10~12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)確定値を発表した。前期比年率換算で2.2%増と、速報値の2.6%増から下方修正された。GDPの3分の2以上を占め、速報値では2.8%増だった個人消費が2.5%増に引き下げられた影響が大きかった。