ロイターは27日、米国勢調査局がグーグル、フェイスブック、ツイッターにフェイクニュースの取り締まりを要請したと報じた。フェイクニュースが2020年の国勢調査に悪影響を与えるのを防ぐため。国勢調査は大統領選の選挙区決定の起訴になるためフェイクニュースのターゲットになる恐れがある。