米ウォール・ストリート・ジャーナルは3月25日、米ゼネラル・モーターズ(GM)が新たに2人の役員を迎えたと報じた。一人は米イーベイや米ヒューレット・パッカード(現HP)などでCEO(最高経営責任者)を務めてきたメグ・ホイットマン氏で、もう一人は米プロバスケットボールNBAで副コミッショナーを務めてきたマーク・テイタム氏。ホイットマン氏が加わったことで、GMの役員13人のうち7人が女性となった。