ロイター通信は25日、新型コロナウイルス対策で全米の多くのレストランが経営の危機に直面する中、米マクドナルドは一時的にメニューを売れ筋のみに限定することで運営を簡素化する対策に踏み切ったと報じた。フランチャイズ店の負担を軽減するのが狙いで、さらに家賃やサービス料の支払い延期も検討しているという。