米ウォール・ストリート・ジャーナルは22日、米ボーイング幹部が墜落事故を起こした737MAXについて設計と製造プロセスの適切さを主張したと報じた。その上で、近くソフトウェアを修正する方針を明らかにしたという。