NBCニュースは3月18日、東京五輪・パラリンピック開閉会式のクリエーティブディレクターを務めていた佐々木宏氏が日本のセレブリティーである渡辺直美さんを侮辱するメッセージを他の企画メンバーに送った問題を受け、辞任したと報じた。佐々木氏は、企画のブレーンストーミングの中で、渡辺さんに「オリンピッグ」として登場してもらうことを提案した。渡辺さんは日本でよく知られ、女性のファッションアイコンでもある。1万人が聖火のトーチを持って日本各地を巡る4カ月間の「リスクの高い聖火リレー」も約1週間後に始まる予定だ。