米証券取引委員会(SEC)は14日、独フォルクスワーゲン(VW)や元社長のマルティン・ヴィンターコーン氏を提訴したと発表した。VWの排ガス不正の事実を開示せず、130億ドル超を米債券市場で調達したことを問題視した。