ロイターは13日、2019年の米国の太陽光発電容量が12.1ギガワットと前年比で14%増加すると報じた。パネル価格の低下が主な要因。