米ウォールストリート・ジャーナルは11日、新型コロナウイルスの感染拡大への恐れから、11年間続いたダウ工業株30種平均の強気市場がついに終わりを迎えたと報じた。同日のダウは1400ドル(5.9%)以上下落。2月の最高値に比べると20%の下落となり、ついに弱気市場の領域に突入した。