米労働省が8日に発表した2月の雇用統計によれば、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者は前月比2万人増にとどまった。前月の31万人増から急減速した。悪天候の影響が指摘されている。