ロイターによれば、来年に控えた米大統領選への出馬を既に表明している民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員は8日、大統領選に勝利した場合、テクノロジー分野の構造改革の一環としてアマゾン・ドット・コム、アルファベット、フェイスブックなどの巨大企業を分割すると発表した。