ロイター通信は3月3日、国際通貨基金(IMF)と世界銀行が4月17~19日に米ワシントンDCで開く春の会合にオンラインを活用した「バーチャル形式」を導入すると報じた。新型コロナウイルスの感染が世界で急速に拡大していることに配慮する。会合には例年、1万人を超える世界の政府関係者や企業関係者、メディアなどが参加してきた。