テッククランチは3月1日、米不動産プラットフォームのコンパスが新規上場に向けて米証券取引委員会(SEC)に証券登録届け出書を提出したと報じた。同社はすでに16億ドルのベンチャー投資を獲得しており、ソフトバンク・グループのビジョンファンドが同社株の3分の1以上を保有している。新型コロナウイルスのパンデミックの影響で1年前には従業員の15%を解雇していた。