米商務省は28日、2018年10〜12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)が年率換算で前期比2.6%増になったと発表した。7〜9月期の3.4%からは減速したが、潜在成長率(2%弱)は大きく上回った。