ロイター通信は27日、かねて「白人男性ばかりだ」と批判を集めていた米連邦準備理事会(FRB)のボードメンバーが2019年から白人男性が半分を下回っていたと報じた。107年続く歴史で初めてという。20年1月に指名された今年のメンバーも過半数が女性や白人以外で、その割合も19年を上回った。