米ウォール・ストリート・ジャーナルは2月23日、米シェアオフィス大手ウィーワークの創業者で前CEO(最高経営責任者)のアダム・ニューマン氏が、自身や初期の株主からウィーワーク株を買い取るようソフトバンク(SB)グループに求めて提訴していた問題で、両者が和解に近づいていると報じた。ソフトバンクは、同社が以前にニューマン氏と合意していた額の約半分に当たる5億ドルでニューマン氏から株式を買い取るほか、その他の投資家や従業員からも株式を買い取り、総額15億ドルを費やすとみられる。