ロイター通信は2月23日、22日に特別買収目的会社(SPAC)「チャーチル・キャピタルIV」との合併が発表された米EV(電気自動車)メーカー、ルーシッド・モーターズの時価総額が23日に620億ドルに上ったと報じた。同日昼頃の米ゼネラル・モーターズの時価総額が725億ドル、中国のEVメーカー、上海蔚来汽車(NIO)が720億ドルだった。ルーシッドが同社初の市販車を発売するのは2021年後半の見通しで、同社のキャッシュフローが黒字に転換するのは25年と予想されている。市場では「量産が始まってもいない会社の評価額としては高すぎる」との懸念も広がっている。