米ウォール・ストリート・ジャーナルは2月21日、新型コロナウイルスのパンデミックが全米を襲ったことで「ブル―カラー」の雇用が急増していると報じた。特に増えているのが住宅建築と宅配や倉庫での仕事。米求人サイトのインディードの調査によると、2021年2月の求人は1年前に比べて「建築業」「倉庫など物流」の分野で35%以上の大きな伸びを示している。パンデミックで金利が下がったことやオンライン購入が増えたことが影響しているとみられる。