米ウォールストリート・ジャーナルは19日、米大統領選の民主党候補で前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏がSNS(交流サイト)を使った選挙活動を展開するためカリフォルニア州で数百人を雇用したと報じた。雇われたスタッフは、自身のアカウントでブルームバーグ氏を推薦したり友人のスマートフォンにテキストメッセージを送ったりして選挙活動を支援する。