ビジネス・インサイダーは2月18日、米小売最大手ウォルマートのダグ・マクミロンCEO(最高経営責任者)が、米アマゾン・ドット・コムや米ターゲットなどの競合が最低賃金を時給15ドルとする中、同じ方針を採用しない理由を説明したと報じた。ウォルマートは最低賃金を時給11ドルに据え置くかわりに「ラダー・システム(段階的に上がるシステム)」を導入する。その結果、3月13日から42万5000人の従業員が時給13~19ドルを受け取ることになる。マクミロンCEOは「賃金が上がった従業員は長く当社で働いてくれる傾向にある。段階的に賃金が上昇する仕組みを入れることで、会社と共にキャリアを積む機会を与えたい」と説明。「最低賃金は米国経済全体を傷つけない程度のスピードで上がっていくべきだ」とも話した。