米ウォール・ストリート・ジャーナルは2月14日、米小売大手のウォルマートや米薬局チェーンのCVSヘルスなど21のチェーンが人口の少ない地域を含む全米50州で新型コロナウイルスのワクチン提供を始めたと報じた。メーン州中部の人口8000人の町に住むパット・トーマスさん(74歳)は約1カ月前に病院で接種の予約をしていたが病院からは全く連絡がなかった。テレビを見ていて、ウォルマートでワクチンの提供を始めることを知り、店舗に行ったところ12日に接種を受けることができた。トーマスさんは「これで安心して家族や友達に会える」と喜んでいる。ウォルマートの全米5000店舗のうち4000店舗が、人口が少なく病院が充実していない地域にある。