ロイター通信は2月11日、米大手投資ファンドのブラックストーン・グループが出資するデートアプリ「バンブル」などを運営する米バンブルが、同日にナスダック市場に上場したと報じた。新規株式公開(IPO)価格の43ドルを上回る76ドルの初値を付け、時価総額が140億ドルに上った。「最初のアプローチをするのは女性」が同アプリの特徴。CEO(最高経営責任者)のホイットニー・ウルフ・ハード氏は31歳で、上場企業の経営者として最も若い女性の一人となった。競合の「ティンダー」の共同創業者でもあるが、同社の他の共同創業者からセクシュアル・ハラスメントを受けたと提訴。親会社のマッチ・グループと約100万ドルで和解に至っている。バンブルの収入源のほとんどはアプリのユーザーに課金するプレミアム・サブスクリプション料金。2020年1~9月だけで3億7660万ドルの売り上げを計上している。