ロイター通信は11日、米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が米下院金融サービス委員会で「中国の新型コロナウイルスの脅威が経済全体に悪影響を及ぼす可能性がある中で、米国経済は堅調だ」と証言したと報じた。「現在の金融政策が適切」とも話し、政策維持を示唆した。