ビジネス・インサイダーは1月31日、マーティン・スコセッシ監督の映画「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」のモデルとなったジョーダン・ベルフォート氏が、ビデオゲーム小売りチェーンのゲームストップ株に代表される米素人集団のヘッジファンド締め上げ行為は「見ていて気分が良かった」と話したと報じた。ただ「ヘッジファンドは市場の非効率性を特定するプロでもある。個人投資家は損失を出しても許容できる範囲に投資額を抑えるなど、気をつけた方がいい」と警鐘を鳴らした。