米建設機械大手キャタピラーは28日、2019年の利益見通しが市場予想に届かない可能性があると発表した。売り上げの10%を占める中国の伸び鈍化と、アルミや鉄鋼を含む輸入材料の価格高騰が原因とした。2018年10~12月期の売上高は前年同期比11%増と堅調だった。