ビジネス・インサイダーは1月23日、米テスラが22日、2020年12月28日に雇用したばかりのソフトウエア技術者、アレックス・カティロフ氏を企業秘密を盗んだ疑いで提訴したと報じた。カティロフ氏は28日にテスラで採用されてから数日間にうちに、テスラの企業秘密を含む2万6000の文書を米ファイル共有サービス「ドロップボックス」の個人フォルダに保存したという。複数メディアの報道によると、カティロフ氏は容疑を否定しており、ニューヨーク・ポストの取材に対して「業界で20年間、働いているので何が企業秘密かは理解している。そうした文書にアクセスしようとしたことは一度もない」と話した。