ロイター通信は23日、米上院で進む大統領弾劾裁判において、ドナルド・トランプ米大統領がジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の証言を食い止めるのは難しいだろうと報じた。ボルトン氏は下院での証言を拒んだものの一転、上院での証言は要請があれば受けると話していた。トランプ大統領はボルトン氏が証言する場合は大統領特権を発動すると示唆していたが、専門家によると、本件で大統領特権を使用するのは根拠が弱く、難しいという。