ウォール・ストリート・ジャーナルは23日、米航空機大手ボーイングが自動操縦の「エア・タクシー」の試験飛行を実施したと報じた。今回の試験では離陸とホバリング(空中での停止)、着陸の一連の機能をチェックした。今後は前進と垂直動作の試験に移る。この分野では欧州航空・防衛大手エアバス・グループや米インテル、米ウーバー・テクノロジーズも開発を進めている。