ロイター通信は22日、中国と第1段階の貿易協定を結んだドナルド・トランプ米大統領の関心は今、欧州とブレグジット後の英国、インドに向いていると報じた。日本とは2019年9月に日本製の機械工具や米国製の農業商品に関する協定を結んだが、本丸の自動車関連の本格交渉はこれから。この問題で両国が激突するのは20年4月と見られている。