ビジネス・インサイダーは1月13日、米PR会社エデルマンが昨年10月19日~11月18日まで実施した調査によると、対象となった3万3000人のうち半数以上が「米国は今、コールド・シビル・ウォー(冷たい市民戦争)のまっただ中にいる」と考えていると報じた。また半数以上が「政府やメディアが一般市民に意図的に間違えた情報を与えている」と考えていることも分かった。