米ウォール・ストリート・ジャーナルは1月13日、米資産運用最大手のブラックロックで「最も力のある女性」として知られていた共同創業者のバーバラ・ノビック副会長(60歳)が引退すると報じた。同氏は同社の公共政策を担当し、ロビーの枠組みを構築。同社を銀行と同じ規制から除外することに成功し、資産運用額7兆8000億ドルの世界最大手に成長する通筋をつくった。引退は2020年の予定だったが新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた。21年2月1日でシニアアドバイザーの職に退く。