ウクライナ国際航空のテヘラン発キエフ行きのボーイング小型ジェット機「737-800」型機が8日、空港から飛び立った直後に墜落した。ロイター通信が報じた。乗客176人全員が死亡した。イランがイラクの米軍駐留基地にミサイルを撃ち込んだ後だったため、イランの攻撃ではないかと疑われたが、米国やカナダ、欧州の国家安全保障の関係者5人によると、墜落は技術トラブルによるもので、イランの攻撃とは無関係だという。