ロイター通信は6日、米ボーイングが2つの事故を起こした「737MAX」の生産の一時停止に関連して、3000人の人材再配置を実施すると報じた。米アメリカン航空とメキシコのアエロメヒコが、737MAXの運航停止が業績に悪影響を与えたとしてボーイングから和解金を受け取る方向で合意したと公表した直後だった。和解金の額はいずれも明らかにされていない。