米ウォール・ストリート・ジャーナルは1月3日、米国で新型コロナウイルスに感染して死亡した人の数が35万人を超えたと報じた。過去のデータから未集計のものが見つかり、確認数が急増した。ワクチン接種件数の伸びも遅い。ニューヨーク市では1月末までに100万人の接種を目標に掲げている。