1. TOP
  2. ニューヨーク支局
グローバルダイジェスト
ニューヨーク支局
  • GE、会計不正の指摘を改めて否定

    ゼネラル・エレクトリック(GE)は19日、ハリー・マルコポロス氏が同社に対して指摘した会計不正について改めて書面で否定した。ロイター通信が同日に報じた。マルコポロス氏は史上最悪の証券詐欺を告発したことで有名。GEの担当者は「我々はこれまで会計報告に対して真摯に向き合ってきた。それだけははっきり言える」と強調した。

    2019.08.20 13:30
  • 米株価と国債利回り、週明けに持ち直す

    ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、米株式市場が先週の下落から持ち直し上昇したと報じた。けん引役は銀行株とテクノロジー企業株。週末にドナルド・トランプ大統領や政府高官が中国との交渉が順調に進んでいると発言したことが好感された。株価の上昇に合わせて米国債の利回りも10年債が先週金曜日の1.540%から1.603%まで戻したが、依然として昨年末の2.684%よりも低い水準にある。

    2019.08.20 13:15
  • 自社宅配貫くドミノ・ピザに勝算はあるか

    ウォール・ストリート・ジャーナルは19日、スマートフォン向け宅配アプリケーションの企業に配達をゆだねるピザチェーンが増えている中、ドミノ・ピザは自社による宅配を貫いていると報じた。利益を宅配アプリに奪われるよりも顧客へのサービスに使いたいとの考えからで、自社アプリを持つドミノ・ピザは将来、競合に比べて高い利益率を得られるようになるとの見方がある。だが、現時点で同社は競合他社に比べて1店舗当たりの売り上げの成長が遅い。「結論が出るのは5~10年後だろう」と識者は予想している。

    2019.08.20 13:00
  • トランプ氏、「ファーウェイとのビジネス望まない」と強調

    ロイター通信は18日、ドナルド・トランプ大統領が改めて、米国企業が中国の華為技術(ファーウェイ)とビジネスをすることを望まない意向を明らかにしたと報じた。16日、メディア各社が「米商務省がファーウェイへの輸出禁止措置の猶予期間を90日間延長する見通し」と報じたことを受けて。

    2019.08.19 16:00
  • 創業家牛耳るノードストローム、オンライン好調も業績は低迷

    ウォール・ストリート・ジャーナルは18日、高級百貨店のノードストロームはオンラインで販売した商品の受け渡しだけを扱う店舗を作るなど新しい取り組みを数多く手掛けているが、それでも業績が回復していないと報じた。2四半期連続で減収減益。同社は1901年の創業以来、一人を除いて常に創業家出身者がCEO(最高経営責任者)を務めてきた。現在も役員から「創業家以外のCEOを迎えるべき」との声が出ているが、創業家は反対。株式の保有比率を3分の1から半分に高めることを検討しているという。ただ同社はオンライン販売が同業他社に比べて好調で、売り上げの3分の1を占める。

    2019.08.19 15:50
  • トランプ氏、リセッション到来説を否定

    ロイター通信は18日、ドナルド・トランプ大統領やホワイトハウスの高官らが米経済界に広がっている景気後退期到来の憶測を否定したと報じた。米経済は中国との貿易戦争から何のダメージも受けていないと主張。トランプ氏は「状況は非常に良い。私が実施した減税策のおかげで消費者は経済的に豊かになった」と話した。

    2019.08.19 15:20
  • GMとVWは「ハイブリッドに未来はない」、米でEVに集中

    ウォール・ストリート・ジャーナルは12日、自動車大手2社が米国市場ではHEV(ハイブリッド車)に未来はないと判断したと報じた。米ゼネラル・モーターズ(GM)と独フォルクスワーゲン(VW)の2社で、今後の投資はEV(電気自動車)に集中させる。GMは米国市場に今後の4年間で20種類のEVを、VWも2020年中に小型SUV(多目的スポーツ車)のPHV(プラグインハイブリッド車)を投入する計画だ。

    2019.08.13 09:30
  • スプリントとTモバイルの合併反対訴訟、オレゴン州も参加

    ロイター通信は12日、携帯通信4位のスプリントと同3位のTモバイルUSの合併計画に反対する州当局の団体訴訟にオレゴン州も参加したと報じた。訴訟にはこれでニューヨークやカリフォルニアなど15の州とワシントンDCが参加したことになる。

    2019.08.13 09:00
  • ゴールドマン、米中摩擦が金融危機誘引と予想

    ロイター通信は11日、ゴールドマン・サックス・グループは米中貿易摩擦が金融危機を誘引する可能性が高まっており、さらに摩擦は2020年の米大統領選を終えるまで解消されないと予想していると報じた。ゴールドマンは顧客に「中国からの輸入品3000億ドルに関税をかける残りの制裁も実施されるとみている」と伝えた。

    2019.08.13 08:30
  • フェイスブック、米報道機関から記事を数百万ドルで買い取りへ

    ウォール・ストリート・ジャーナルは8日、フェイスブックが報道機関から年間最大300万ドルで記事の見出しと冒頭部分を掲載する権利を買い取り、年内にもフェイスブックのサイトにニュース欄を立ち上げようとしていると報じた。同社が話をしているのは、ウォルト・ディズニーやABCニュース、ウォール・ストリート・ジャーナルの親会社のダウ・ジョーンズ、ワシントン・ポストとブルームバーグ。無料で記事を掲載し、広告費を稼いでいるとの批判に対応する狙いか。

    2019.08.13 08:00
  • リフト、自転車などで売上高72%拡大も課題は「冬」

    ロイター通信は8日、配車サービス大手のリフトが自転車と電動スクーターの事業から新たな顧客を勝ち取ることに成功し、2019年4~6月期の売上高が72%拡大したと報じた。ただ問題はこれから冬が来ること。自転車や電動スクーターの利用が減るこの時期をどう乗り越えるかが課題となる。

    2019.08.09 15:05
  • 2年内に米国金融危機発生の確率45%、ロイター調査

    ロイター通信は8日、経済学者を対象に実施した自社の調査で「今後の2年間のうちに米国が金融危機に陥る可能性は45%」との結果が出たと報じた。前回の調査の結果は35%で、2018年5月の調査開始から最も高い確率となったという。また調査対象となった経済学者の多くは連邦準備理事会(FRB)が9月と来年の計2回、さらなる利下げを実施するだろうとも予想している。

    2019.08.09 15:00
  • サムスン電子の最新スマホは「新規性がない」?

    ウォール・ストリート・ジャーナルは7日、サムスン電子がニューヨークで発表した新型スマートフォン「ギャラクシーノート10」を発表したと報じた。一時は同社の成長を促した旗艦モデルだったが、現在の出荷数は同社が出荷するスマホの4分の1。見た目も似通っていて新規性に乏しく、どれだけ顧客をつかめるかは疑問だと論じた。

    2019.08.09 12:25
  • フェデックス、アマゾンとの陸運契約も破棄

    ロイター通信は7日、物流大手のフェデックスがアマゾン・ドット・コムと結んでいた陸運による小荷物宅配の契約を破棄すると報じた。アマゾンが独自の輸送網を構築しているため。フェデックスは2カ月前、アマゾンとの空輸の契約を更新しないと決めていた。

    2019.08.08 13:00
  • タイムズスクエアで爆発音、パニックで12人けが

    ニューヨーク・タイムズは7日、ニューヨーク・マンハッタンの観光名所、タイムズスクエアで6日夜に大きな爆発音が鳴り、銃撃事件と勘違いをした観光客らがパニック状態に陥ったと報じた。実際はオートバイによる爆発音だった。テキサス州とオハイオ州で起きた2つの銃乱射事件の影響とみられる。パニックで12人がけがをした。

    2019.08.08 12:25
  • アップルとゴールドマン、仮想クレジットカードを提供へ

    ロイター通信は6日、アップルとゴールドマン・サックス・グループが同日に仮想クレジットカードの提供を発表したと報じた。アップルにとってはiPhone以外の収入源となるほか、ゴールドマン・サックスにとっては2015年に立ち上げた消費者向けサービス事業に貢献することになる。

    2019.08.07 10:10
  • ベゾス氏がアマゾン株28億ドル分を売却

    ロイター通信は5日、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)が先週木~金曜日に9億9000万ドル分の同社株を売却したと報じた。同じ週の月~水曜日にも18億ドル分の株を売却しているため、同氏は先週だけで計28億ドル分のアマゾン株を手放したことになる。ベゾス氏は以前、年に10億ドル分のアマゾン株を売却して同氏のロケット会社、ブルーオリジンの資金とする意向を明らかにしていた。

    2019.08.07 10:05
  • 米国株が前日の大幅安から反発

    ウォール・ストリート・ジャーナルは6日、米中貿易摩擦の激化が不安視され、前日に急落した米国株が反発したと報じた。中国政府がこれ以上の元安を望まない意向を示唆したため。同日昼頃までにダウ工業株30種平均は100ポイント戻したほか、S&P500種株価指数やナスダック総合株価指数も0.5~0.7%、回復した。

    2019.08.07 10:05
  • ウィーワーク運営会社IPOの主幹事はJPモルガンか

    ロイター通信は4日、2019年の3大IPO(新規株式公開)の1つになるとみられている大手シェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーの主幹事はJPモルガンが務める可能性が高いと報じた。関係者によると、来週以降にウィーカンパニーが実施する債券発行を同行が引き受けるという。3大IPOのうち、配車サービス大手のリフトの主幹事を同行が、同ウーバーの主幹事はライバルのモルガン・スタンレーが務めていた。

    2019.08.06 11:30
  • トランプ氏、銃乱射事件で「死刑執行範囲の拡大」など主張

    ロイター通信は5日、トランプ大統領が先週末に発生した2つの銃乱射事件について、こうした事件を食い止めるにはインターネットの監視強化とメンタルヘルス関連の制度改革、死刑執行範囲の拡大などが必要だとコメントしたと報じた。民主党は「銃規制の必要性から目を背けている」と批判している。

    2019.08.06 08:30

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
    フォロータグ一覧
    キャンセル

    日経ビジネス語録

    どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

    筒井 義信 日本生命保険会長