1. TOP
  2. ニューヨーク支局
グローバルダイジェスト
ニューヨーク支局
?
  • 黒人暴行抗議デモ、警官が報道陣にも威嚇攻撃

    ロイター通信は5月31日、白人警官の暴行による黒人死亡事件を受けて30日夜にミネソタ州ミネアポリスで起きた抗議デモの最中、ロイター通信のテレビスタッフが警官からゴム製の弾で撃たれたと報じた。警官がスタッフを直接、狙っている様子が映像に収められており、同社がビデオをミネアポリス市警に提出したが31日現在、返答はないという。

    2020.06.01 12:18
  • スペースX宇宙船搭乗の2人、国際宇宙ステーションに到着

    ロイター通信は5月31日、前日にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた米スペースXの大型ロケット「ファルコン9」に搭乗した米航空宇宙局(NASA1)飛行士のボブ・ベンケン氏とダグ・ハーレイ氏が国際宇宙ステーションに到着したと報じた。機体は自動でステーションに接続し、2人は米東部時間31日午後1時2分に機体のハッチを開け、ステーションのクルーと対面を果たした。

    2020.06.01 12:17
  • 米で広がる抗議デモ、新型コロナウイルスで打撃の店舗に追い打ち

    米ニューヨーク・タイムズは5月31日、ミネソタ州で起きた白人警官の暴行による黒人死亡事件を受けてシカゴやニューヨーク、ロサンゼルスなど全米の都市に抗議デモが広がり暴徒化する中、近隣の飲食店や小売店が攻撃され苦悩していると報じた。新型コロナウイルスの感染拡大ですでにビジネスに大打撃を受け、保険も使い果たしている。ミネアポリスでデリを経営するイラクからの移民経営者は「保険がないから攻撃しないで!」とデモの民衆に訴えた。

    2020.06.01 12:16
  • 週当たりの米失業保険申請者数、8週間連続で減少

    米ウォールストリート・ジャーナルは28日、23日までの1週間で失業保険を申請した人の数は210万人だったと報じた。その前の週が240万人。申請数が減少したのは8週間連続となる。米労働省によると、5月16日までの1週間中に失業保険を受け取った人の数は2110万人で、その前の週に比べて390万人減った。

    2020.05.30 10:20
  • NY封鎖から10週間、なぜまだ新規感染者が多い?

    米ニューヨーク・タイムズは28日、ニューヨーク市で都市封鎖を実施してから10週目に突入しているにもかかわらず、ニュージャージー州やコネチカット州を含むニューヨーク近郊では、この2週間で5万人近くが新型コロナウイルスに新たに感染していると報じた。ニューヨーク市内だけでも1万3000人に上る。どのように感染が広がっているかの調査は数が多すぎるため進んでいないが、ニューヨーク・タイムズが医療機関などを取材すると、①医療従事者や郵便配達員など最前線で働く人が打撃を受けている、②複数世代が共同で暮らすコミュニティーなどでは社会的距離が物理的に取れない、③高齢者の間でまだ重症化する人が多い……など複数の理由が浮かんできた。

    2020.05.29 08:27
  • 米司法省、黒人容疑者押さえつけ死亡させた警官調査へ

    米ミネアポリスで白人警官が黒人容疑者の首を膝で押さえつけ25日に死亡させた事件について28日、米司法省は「最優先で調査を進める」と話した。ロイター通信は28日、報じた。死亡の男性はジョージ・フロイドさん(46歳)で、無抵抗にもかかわらず警官に押さえつけられ、「息ができない」と何度も訴えた後、動かなくなった。その様子が目撃者によって収められた動画で明らかになり、ミネアポリスでは大規模な抗議の暴動が起きている。

    2020.05.29 08:21
  • 米ボーイング、米国内人員1万2000人を削減

    ロイター通信は27日、米航空機大手のボーイングが米国内の人員を1万2000人以上、削減すると報じた。削減数の中には自主的ではない解雇となる6770人が含まれる。自主的に退職するのは5520人で、数週間のうちに退社する。また同社はさらに数千人の人員削減を今後数カ月のうちに実施するという。4月に世界の従業員16万人のうち10%を削減すると発表していた。

    2020.05.28 12:04
  • なぜ米企業の業績が悪化しても株価は上がるのか?

    米ニューヨーク・タイムズは27日、一般に企業の業績が悪化すると株価も下落するものだが、少なくとも現時点では逆に動いていると報じた。S&P500種株価指数の企業の2020年1~3月期の利益は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で13%縮小したが、株価はむしろ3月下旬から上昇傾向にある。考えられる理由で最も有力なのは、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策だ。多くの投資家が企業の業績悪化よりもFRBによる金融政策の方が市場にもたらす影響が大きいと見ているようだ。同様のことが08~09の金融危機の時にも起きた。

    2020.05.28 11:58
  • 米NASAとスペースXの有人宇宙船、打ち上げ20分前に延期

    米ウォールストリート・ジャーナルは27日、米航空宇宙局(NASA)と米宇宙ベンチャーのスペースXが予定していた有人の新型宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げを延期したと報じた。延期を決めたのは打ち上げの約20分前。2人のNASAの宇宙飛行士が船内で打ち上げを待っている状態だった。フロリダ州の打ち上げ地点周辺で雨や強風、竜巻などの天候悪化が予想されたため。

    2020.05.28 11:55
  • 米NYSEの取引フロアが再開、トレーダーは通常の4分の1で

    米ウォールストリート・ジャーナルは26日、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖していたニューヨーク証券取引所(NYSE)のトレーディング・フロアが再開したと報じた。たまたまダウ工業株30種平均が誕生して124年目の記念日と重なった。トレーダーは通常の4分の1のみが出勤し、社会的距離を取りながらの再開となった。

    2020.05.27 08:21
  • 米ボーイングなど、新型コロナウイルス機内感染防ぐ新手段を開発中

    米ウォールストリート・ジャーナルは26日、米ボーイングや欧州エアバスなど航空機メーカーが新型コロナウイルスの機内感染を防ぐ手段を模索し始めたと報じた。医療の専門家とエンジニアが協力し、大学の専門家も巻き込んで研究開発に乗り出しているという。具体的には自浄作用のある素材の開発や5日間持続する消毒手法、乗客がどこにも触れずに利用できるトイレなどだという。

    2020.05.27 08:19
  • 米NY知事、トランプ氏と会い「インフラ投資」進言へ

    ニューヨーク(NY)州のアンドリュー・クオモ知事は26日、27日にワシントンへ行ってドナルド・トランプ米大統領に会い、経済再興に不可欠な大規模なインフラ投資について話す予定だと明かした。ロイター通信が報じた。またクオモ知事はニューヨーク市のラガーディア空港やペンステーションの改修など州内のインフラ投資にも力を入れるという。

    2020.05.27 08:16
  • メモリアルデー、米の新型コロナ死者数10万人到達か

    米ウォールストリート・ジャーナルは24日、戦争で死亡した兵士たちを追悼するメモリアルデーを翌日に控える米国で、新型コロナウイルス感染症による死者が10万人に到達しようとしていると報じた。24日朝現在、死者は9万7149人を数える。世界における感染者数は5300万人、うち160万人が米国だ。米政府は感染者が急拡大しているブラジルから米国への渡航禁止を検討している。

    2020.05.25 09:45
  • 米、夏のバイト先を失った10代の失業率は32%

    米ウォールストリート・ジャーナルは24日、新型コロナウイルスの感染拡大で米国の高校生や大学生などの10代が高い失業率に見舞われていると報じた。米労働統計局によると、16~19歳までの労働者のうち32%が失業している。これほど高い失業率は少なくとも1948年以来初めてと見られる。

    2020.05.25 09:44
  • 米政府の中小企業支援金、受け取った公開企業は356社

    ロイター通信は24日、米政府が中小企業の救済を目的に提供している「給与保護プログラム(PPP)」を受領した公開企業のうち5分の4が返済せずにそのまま資金を受け取ったと報じた。公開企業は未公開の中小企業に比べて資金調達手段があるとのことから米政府は公開企業に辞退するよう求めていた。だが5月22日時点で、計13億5000ドルを受け取った公開企業424社のうち返済したのは68社、計4億3580万ドルにとどまった。

    2020.05.25 09:43
  • 新型コロナで小売りの勝ち負け鮮明に、勝ち組の特徴は?

    米ウォールストリート・ジャーナルは21日、新型コロナウイルスの感染拡大で大手小売りの「勝ち負け」が明確に分かれたと報じた。大きく販売を落としたのが百貨店大手のメイシーズやコールズ、米アパレル大手のエル・ブランズなど。一方、販売を伸ばしたのは小売り最大手の米ウォルマートやディスカウントストアの米ターゲット、ホームセンターの米ホームデポなど。「勝ち組」は人々の外出が制限されていた期間も店舗を開け続けられたことが大きく響いた。

    2020.05.22 08:25
  • 米、英アストラゼネカの新型コロナワクチン3億回分確保

    ロイター通信は21日、英アストラゼネカが開発中の新型コロナウイルスワクチンの初回生産分である10億回分のうち、米国が3億回分を12億ドルで確保したと報じた。ワクチンは経済再開で重要な役割を果たすため、世界中がワクチン獲得に向けて動いている。ドナルド・トランプ米大統領の意向を受け米保健福祉省が12億ドルまでの拠出を決めたという。

    2020.05.22 08:22
  • 米NY市の新たな危機、不動産ビジネスの苦境

    ニューヨーク・タイムズは21日、米ニューヨーク(NY)市で飲食店や小売店が閉鎖して2カ月が経過したことでテナントによる家賃の支払いが滞り、不動産ビジネスも中小規模を中心に苦境にあえいでいると報じた。所有物件の80%の支払いが滞っている事例も出てきており、7月が期限の固定資産税を払えないオーナーも出てきそうだ。

    2020.05.22 08:16
  • 米フォード、工場再開直後に陽性者見つかり一時生産停止

    デトロイト・ニュースは5月20日、米自動車大手のフォード・モーターがミシガン州ディアボーンとイリノイ州シカゴの2つの工場を一時的に閉鎖したと報じた。新型コロナウイルス感染症の従業員がいたことが分かったためだという。接触者には14日間の自主隔離を求めたほか、職場や設備の消毒を実施。同日夜には生産を再開する。

    2020.05.21 11:00
  • 米当局、ゴーン被告手助けの元米軍特殊部隊の親子を逮捕

    米ウォールストリート・ジャーナルは20日、米当局が日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告を日本から逃亡する手助けをした容疑で元米軍特殊部隊員のマイケル・テイラー容疑者と息子のピーター容疑者を逮捕したと報じた。2人は同日の早朝にマサチューセッツ州で身柄を確保された。ピーター氏は同日にベイルートに渡航予定だったという。

    2020.05.21 10:58

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み