1. TOP
  2. ニューヨーク支局
グローバルダイジェスト
ニューヨーク支局
  • 米ウィーワークのニューマン氏、神秘主義を社内で布教?

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは16日、シェアオフィス「ウィーワーク」の初期経営陣が会社設立当初、ユダヤ教に基づく神秘主義思想の団体「カバラ・センター」から講師を招いてカバラ思想を毎週、学んでいたと報じた。その中心になっていたのが同社CEO(最高経営責任者)を退任したばかりのアダム・ニューマン氏。センターには数多くの資産家や著名人が通っていたことから、資金源となる人脈作りにも活用していたという。

    2019.10.17 13:50
  • 米GM、スト1カ月でようやく労組と暫定合意

    ロイター通信は16日、1カ月にわたって工場のストライキが続いていた米ゼネラル・モーターズ(GM)が全米自動車労組(UAW)と労働協約の改定で暫定合意したと報じた。組合員によって承認されればストが終わるが、そのプロセスには通常、2週間かかるという。合意内容は明かしていないものの、GMが米国内に投資する額をこれまでの70億ドルから90億ドルに積み増したとみられる。

    2019.10.17 13:50
  • 米ネットフリックス、会員獲得で目標未達、競争力に陰りか

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは16日、米動画配信大手のネットフリックスが有料会員数の増加目標を2四半期連続で達成できなかったと報じた。2019年7~9月期の有料会員数は米国内で51万7000人増えたものの、目標の80万人には及ばなかった。全体でも目標の700万人増より少ない680万人増にとどまった。米アップルや米ウォルト・ディズニーといった大手の猛追で、競争力に陰りか。

    2019.10.17 13:50
  • 米JPモルガンの2019年7~9月期は増収増益、個人消費堅調

    ロイター通信は15日、米銀行大手JPモルガン・チェースの2019年7~9月期の売上高は前年同期比8%増の300億6000万ドル、純利益は同7億ドル増の90億8000万ドルで、いずれも市場の予想を上回ったと報じた。個人向け事業が好調だった。米中貿易戦争の影響で景気に減速感が見え始めているものの、米国の個人消費はまだ堅調であることを示している。

    2019.10.16 13:15
  • 米J&Jの2019年7~9月期、訴訟抱えるも事業は堅調

    ウォール・ストリート・ジャーナルは15日、米医薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンの2019年7~9月期は売上高が前年同期比3億8000万ドル増の207億3000万ドル、純利益が同9億ドル増の48億3000万ドルだったと報じた。同社のベビーパウダーががんを引き起こしたとして訴えられるなど数々の訴訟を抱えているが、「事業は依然として堅調だ」としている。

    2019.10.16 13:15
  • 米MGM、カジノ・ホテル「ベラッジオ」など売却

    ロイター通信は15日、米MGMリゾーツ・インターナショナルが、資産を圧縮してバランスシートを改善するためラスベガスにあるカジノ・ホテル「ベラッジオ」と「サーカス・サーカス」を売却すると報じた。ベラッジオはブラックストーン・リアル・エステート・インカム・トラストに42億5000万ドルで同ホテルの95%を、サーカス・サーカスは別のホテルを所有するフィル・ルフィン氏に8億2500万ドルで売却する。

    2019.10.16 13:15
  • 代替肉市場に米大手食品メーカーが続々参入

    ニューヨーク・タイムズは14日、ビヨンド・ミートやインポッシブル・フーズといったスタートアップが開拓した植物由来の代替肉の市場に大手食品メーカーが続々と参入し始めていると報じた。タイソン・フーズやスミスフィールド・フーズといった大手がハンバーガーのパテやミートボール、チキンナゲットなどの製品を生産してスーパーマーケットの棚を占拠し始めている。

    2019.10.15 10:05
  • ウィーワーク内電話ボックスでホルムアルデヒド

    ロイター通信は14日、シェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィー・カンパニーがさらなる困難に直面していると報じた。米国とカナダのシェアオフィスにある2300の電話ボックスから高レベルのホルムアルデヒドが検出され、使用を中止した。利用者が異臭や目の痛みなどを訴えて発覚した。上場延期で資金不足が懸念されるが、今回の問題発覚でコスト増は免れない。

    2019.10.15 10:00
  • リブラ協会、ジュネーブで設立総会を開催

    ロイター通信は14日、暗号資産(仮想通貨)「リブラ」を推進するリブラ協会はスイスのジュネーブで設立総会を開いたと報じた。5人の役員を選出し、米ブッキング・ホールディングスが新たに協会への参画を見送ったものの「(参画企業の減少は)撤退ではなく補正だ」と、実現に向けて前進することを改めて表明した。

    2019.10.15 10:00
  • 米中が貿易協議を2カ月半ぶりに再開

    ロイター通信は10日、米中両政府高官が2カ月半ぶりに米通商代表部(USTR)で会い、貿易協議に入ったと報じた。ライトハイザーUSTR代表とムニューシン米財務長官が中国の劉鶴(リュウ・ハァ)副首相を出迎えた。米国が9日に中国の28の企業や団体に対して禁輸措置を発動するなど緊張が高まっていた。本格的な協議に入る前に互いの要望を確認し、再び決裂するのを防ぐ詰めの作業に入ったとみられる。

    2019.10.11 08:40
  • GMのバーラCEO、UAWの幹部と面会

    ロイター通信は10日、工場の従業員のストライキが3週間を超えたゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラCEO(最高経営責任者)が9日に全米自動車労組(UAW)の幹部と個人的に会ったと報じた。バーラCEOが会合を開いたのはUAWのゲイリー・ジョーンズ委員長と交渉を担当するテリー・ディッツ氏。長引く交渉を終わらせようと面会の機会を設けたとみられる。

    2019.10.11 08:40
  • ボーイングが「737」点検、810機のうち38機で亀裂

    ロイター通信は10日、米ボーイングが世界で既に広く使用されているモデル「737 NG」の810機を点検したところ、そのうちの38機で亀裂が入るなど修理が必要な状態であることが分かったと報じた。亀裂のほとんどは胴体と翼の接続部分で見つかったという。

    2019.10.11 08:40
  • 米MIT、禁輸措置の中国センスタイムとの関係を内部調査

    テッククランチは9日、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が中国画像認識技術の商湯科技(センスタイム)と同大の関係について内部調査を始めたと報じた。センスタイムは米商務省が輸出規制の対象とする「エンティティー・リスト」に8日に追加された。同大は「リストに新たに掲載された全ての団体との関係を調べ、必要なら修正する」と説明している。

    2019.10.10 10:40
  • 米PG&Eが加州で大規模計画停電、乾燥期に山火事予防で

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは9日、米電力大手PG&Eが空気の乾燥する時期に合わせてカリフォルニア州で大規模な計画停電を実施し始めたと報じた。2017年と18年に起きた山火事を繰り返すのを避けるため。同社は同日未明に停電を3段階に分けて実施すると説明。その第1段階は現地時間の深夜に始まり、同州の顧客51万3000人に影響を与えた。

    2019.10.10 10:40
  • 米GMスト23日目、「賃金」払い方で労使に食い違い

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは8日、米ゼネラル・モーターズ(GM)と全米自動車労組(UAW)の労使交渉がストライキ23日目に突入したにもかかわらず決着しない理由の一つに「賃金」があると報じた。UAWは労働契約書に組み込まれた賃金の価格を上げるようにGMに求めているが、GMはこれを拒否し、ボーナス面での対応にとどめたい考え。

    2019.10.10 10:40
  • FBザッカーバーグ氏、10月23日に米下院で「リブラ」について証言へ

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは9日、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏が米下院で証言に立つのは10月23日になりそうだと報じた。同社が主導して発行を検討中のデジタル通貨「リブラ」が金融サービス業界全体にどのような影響を及ぼすかについて説明する。

    2019.10.10 10:40
  • 米裁判所、J&Jに抗精神病薬で80億ドルの賠償命令

    ロイター通信は8日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの裁判所がジョンソン・エンド・ジョンソンの抗精神病薬「リスパダール」を服用した男性に80億ドルの賠償金を支払うよう同社に命じたと報じた。男性は服用後に胸部が膨らむ症状が見られたが、同社がその警告を怠ったと訴えていた。

    2019.10.10 10:40
  • 米、8月の求人数が1年半ぶり低水準

    ロイター通信は9日、米労働省が発表した雇用動態調査(JOLTS)によると、求人数が8月で3カ月連続の減少となり、約1年半ぶりの低水準になったと報じた。景気の減退感から企業が求人を減らしている可能性がある。ただ、景気後退期に突入するほどの水準ではなかった。

    2019.10.10 10:40
  • 米商務省、ハイクビジョンなど中国28団体に禁輸措置

    ロイター通信は7日、米商務省が監視カメラ最大手の海康威視数字技術(ハイクビジョン)や政府機関など中国28団体に禁輸措置を発動すると報じた。中国が新疆ウイグル自治区で少数派民族を弾圧しているとして。ただ今週にも再開される米中貿易交渉とは関係がないとしている。

    2019.10.08 11:55
  • 米GE、米従業員2万人の企業年金を凍結

    米ウォール・ストリート・ジャーナルは7日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が米国の従業員2万人分の企業年金を凍結すると報じた。同社は2012年以降、年金の新規加入を受け付けていない。退職者については、まだ年金を受け取っていない1万人に対して一括払いの選択肢も用意する。同社は18年末時点で、年金基金の積み立てが270億ドル不足していたが、今回の措置で不足分を最大80億ドル削減できるという。

    2019.10.08 11:51

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
    フォロータグ一覧
    キャンセル

    日経ビジネス語録

    どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

    筒井 義信 日本生命保険会長