スウェーデンの家具世界大手イケア(IKEA)は、再生可能エネルギー由来の電力を家庭向けに販売することを明らかにした。ロイター通信が8月17日に報じた。今年9月にスウェーデンで販売を開始し、将来的には世界中に展開することを目指す。イケアの親会社に当たるインカ・グループのパートナー企業、スベア・ソーラーが電力取引所から再生可能エネルギー由来の電力を購入し、課徴金なしで一般消費者に再販するという。さらに、イケアで販売している一般家庭向けソーラーバネルの購入者が余剰分を売電できる体制も整える。