欧州格安航空会社(LCC)ライアンエアーは6月17日、国際的な渡航制限を巡って英国政府を提訴する意向を明らかにした。訴訟にはロンドン・スタンステッド空港などを保有するマンチェスター・エアポート・グループ(MAG)も参画する。ライアンエアーとMAGは英政府が導入している「トラフィックライトシステム」と呼ばれる3段階評価による入国制限制度について、評価の決定方法を説明すべきだと主張している。