欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は5月6日、製薬会社が保有する新型コロナウイルスワクチンに関する知的財産権を一時放棄する提案について「協議の用意がある」と表明した。同提案については米バイデン政権が支持を明らかにしたばかり。ワクチンの知的財産権放棄はインドと南アフリカが提案したもので、世界貿易機関(WTO)で承認されれば、ワクチンの増産が可能になり、裕福でない国にも手頃な価格でワクチンが提供できるようになるとの主張に基づく。一方、製薬業界はワクチン生産において知的財産権が最大の障害ではなく、放棄によって技術革新を阻害しかねないと警告している。EUはこれまで、英国やスイスなどの大手製薬会社と共同で、知的財産権の放棄には強く反発していた。