配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズは4月29日、新型コロナウイルスに関する規制の解除による需要の高まりを受けて、英国で2万人のドライバーと新たに契約を結ぶことを目指すと発表した。同社によると、英ングランドで4月12日にレストランでの屋外飲食が再開して以降、移動需要が50%以上増加したという。ウーバーは今年3月の裁判所判決を受け、英国内において同社サービスを担う約7万人の運転手を英国の雇用法に基づく「従業員」として扱うと発表している。