欧州メディアは4月19日、サッカーの欧州強豪の12クラブが「欧州スーパーリーグ」を設立することで合意したと報じた。イングランドからはマンチェスター・シティなど6クラブ、スペインからはバルセロナなど3クラブ、イタリアからはユベントスなど3クラブが参加する。英国ではイングランドの国内リーグに割かれるリソースが減るなどの懸念からファンなどの間で反発が広がっている。