ドイツメディアの報道によると、欧州委員会は4月15日、独SAPとドイツテレコムの2社にデジタルワクチンパスポートの有効性を加盟国間で確認できるシステムの開発を発注した。欧州連合(EU)はデジタルパスポートの技術規格について合意しているが、国をまたいでの確認には別途システムが必要となっていた。