フランスのミールワーム(チャイロコメノゴミムシダマシの幼虫)の養殖加工会社インセクト(YNSECT)は4月13日、オランダで人間の食用ミールワームの養殖加工を手掛けるプロティファーム(Protifarm)の買収に合意したと発表した。今回の買収は、今年1月に欧州食品安全機関(EFSA)がミールワームの食用安全性を認めたことを受けたもの。インセクトはこれまで、ミールワームを加工したペットフードなどの動物向け製品に注力してきたが、今後はアスリートや高齢者向けの高たんぱく質サプリメントの開発に注力し、急成長する肉の代替品市場に参入する計画だという。