独ダイムラーは3月31日、年次総会を開き、2039年のカーボンニュートラルの目標を前倒しする可能性を示した。電気自動車(EV)などの販売が好調で、小型車からトラックまで電動化を進めていくという。