イタリア政府は、「水の都」で知られる同国ベネチアの歴史地区へのクルーズ船の入港を禁止する決定を下した。同国の文化大臣が3月31日に発表した。大型のクルーズ船やコンテナ船には当面の間、市内の工業港に停泊するよう求める。伊政府は2013年にも大型船舶による歴史地区の運河の利用を禁止しているが、同内容の法案はその後、安全面や環境面でのリスクが証明されていないとして裁判で覆された。