独物流大手DHLは3月30日、企業間の電子商取引の世界市場が2027年までに70%以上成長し、20兆9000億ドル(約2300兆円)に達するとの予想を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による影響で電子商取引に切り替える企業や消費者が増えたことを受け、DHLは2020年のEBITが過去最高の約35%増の27億ユーロ(約3500億円)に増加したと発表。パンデミックの収束後も成長が継続するとの見通しを示した。