ロイター通信は3月18日、英電力・ガス供給大手ナショナル・グリッドが、気候変動対策に伴うガスから電力への移行に備え、英イングランド最大の配電事業者であるウェスタン・パワー・ディストリビューション(WPD)を米同業PPLから78億ポンド(約1兆1800億円)で買収すると報じた。同時に、ナショナルグリッド傘下の米配電事業者ナラガンセット・エレクトリック・カンパニー(NECO)をPPLに38億ドル(4100億円)で売却する。一連の取引に伴い、ナショナルグリッドの資産に占める電気事業の割合は60%から70%に増加するという。