欧州医薬品庁(EMA)は3月16日、英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン接種後に血栓ができるなどの事例が報告されているものの、ワクチンの「効果は引き続きリスクを上回る」との認識を示した。血栓事例を受け、フランスやドイツを含むEU主要国が同ワクチンの接種を差し止めている。EMAは血栓事例に関する調査報告を3月18日に発表する方針。世界保健機関(WHO)は3月15日、ワクチン接種を中止しないよう各国に呼び掛けた。