ノルウェー法務公安省は3月9日、英航空エンジン大手ロールスロイスが傘下のベルゲン・エンジンをロシア企業に売却する計画を差し止め、安全保障上の観点から調査していることを明らかにした。同日にロイター通信などが報じた。ベルゲン・エンジンは北大西洋条約機構(NATO)のメンバーであるノルウェーの海軍に製品を納入している。ロールスロイスは今年2月、経営再建に向けた資産売却計画の一環でベルゲン・エンジンを露鉄道製造大手TMHインターナショナルに1億5000万ユーロ(約193億円)で売却する計画を打ち出していた。