英フィナンシャル・タイムズは3月4日、米アマゾン・ドット・コムが英ロンドンで、レジなしのコンビニエンスストアを開業したと報じた。アマゾンが自動レジ技術を活用した店舗事業を米国外で展開するのは初めて。これまでの米国店舗と同様の「ジャストウォークアウト」技術を採用し、陳列棚から商品を取る買い物客をカメラやセンサーで追跡したうえで、客が店を出た後にクレジットカードに課金する。