米電子商取引大手イーベイとノルウェーの広告大手アデビンタは3月2日、個人間の物品売買や不動産情報などを紹介するクラシファイド広告事業における提携について英競争・市場庁(CMA)の承認を得るため、両社が展開する主要クラシファイド事業の英国部門を売却すると計画を発表した。CMAは先月、アデビンタがイーベイのクラシファイド事業を92億ドル(約9800億円)で買収する計画について、英国市場における競争法上の懸念を示していた。売却する英国部門の総売上が両社の連結売上高に占める割合は5%未満だという。